ひとりぼっちな日記

35歳独身。親友は離れ彼女はおらず、借金のみ残ってます。幸せになりたい。

昔は

元々友人がおらず、独りで日々を送ってきた。

それでも、なんとなく毎日を楽しく過ごしてきた。

 

30過ぎになり親友ができ、より楽しい毎日を送るようになった。

彼女もできて更に。

 

それが無くなった途端、独りでいることの寂しさに耐えることが、とても辛くなった。

 

人ってのは、慣れてしまう生き物だと思う。

楽しいことも、それが続くと当たり前になってしまう。

 

そして、それが無くなったら、その寂しさに耐えることがとても辛くなる。

 

時には死を考えるほどに。